伝統工法による本物の家づくり 正直な家の会 お電話、メールにてお気軽にお問合せ下さい

| お問合せ | 資料請求 | 個人情報保護|

HOME
私たちのコンセプト
私たちの考え方
私たちの造り方
私たちのコスト
私たちの進め方
参考プラン
新築施工事例一覧
住まい塾(イベント情報)
お客様の声
正直な家の会の仲間
正直オススメリンク
よくある質問
情報誌「正直な木の家」
無料資料請求
プラン作成
お問合せ
ブログ

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ
無料資料請求はコチラからどうぞ!
あなたのお住まいのプランを無料でご提案します。マイホームプラン計画、スケッチパース、概算お見積り 3点が無料で受けられます!
隔月発行の無料情報誌「正直な木の家」
 古美の家 静岡県沼津市 

コンセプト 
 古く良いものに興味があるお施主様は、「自分の家は古いものに囲まれて暮らしたい」と願われていました。木の素朴な表情や、年輪の刻まれた様子、左官の仕上げた壁の形跡から、長年愛用されてきた古材の質感を生かした家造りを目指しました。玄関の蔵戸を始め、内部の扉はほとんど古建具を嵌め込んでいます。
また、カウンターなどの材料は耳付きのものを使用し、古い構造材も一部使用しています。2階の小屋梁は丸太を使用し、渡りあごにして外部に突き出させるなど、部分的ですが伝統的な工法を採用しました。


計画場所 静岡県沼津市 施主 20代夫婦+子ども1人
敷地面積 151.88u 外壁 土佐漆喰塗り
床面積 117.62u(約35.5坪) 建具 アルミサッシペアガラス(一部木製)
構造 木造在来工法 天井 天竜杉小幅板・野地板表し
階数 2階建て 土佐漆喰塗り
天竜杉厚み30ミリ
(本実加工)
桧板張り



玄関
 蔵戸の玄関を開けると正面に丸窓があります。丸窓は奥の和室の風貫きになります。土間は固まる土、敷石は代々のお宅で使っていた、敷き石を今度はこのお宅に納めました。下足収納から伸びるカウンターは郵便物を受ける棚になります。このカウンター材はお施主様が製材所まで行き自ら選びました。内部梁は古材を使用。古い良いものに引かれるお施主様の個性が表れています。
玄関アプローチ
古材のアーチをくぐり蔵戸を開けます。
柱石は敷地内庭にあった庭石を再利用しました。
ポーチ土間は黒モルタル仕上げです。

テラス

2階南面には、すっぽりと屋根がかかったテラスを設置しました。
夕涼みや、秋には読書などプライベートな屋外空間として利用できます。
実用的には洗濯物を干しっぱなしで出かけても濡れることはありません。
広間
 既存の石段と庭を望む団らんスペースの広間は、南側に大きく掃き出し窓を設けました。天井は、2階床板40ミリ表しとし、構造そのものを意匠にしています。壁は土佐漆喰、床板は天竜杉30ミリと自然素材のみで仕上げました。化学製品を使わないと新築時のいやな臭いがなく健康被害の心配もいりません。この広間は決して広くは無いものの、少人数家族ではちょうど良い大きさになっています。

トイレ

トイレは幅を広く取りカウンターを設け洗面ボールを配しました。カウンターはお施主様が直接製材所に出向き選びました。
和室
和室は玄関との間の壁に丸窓を設けました。
この窓は、和室の風通しにも役立ちます。
また、押入れの建具には古い民家から持ってきた古建具を入れました。
階段の裏も箱階段としてデッドスペースを有効活用しています。
天井は半分斜天井とし、茶室風にしつらえました。




施工事例TOP

主な営業エリア
中部地域:藤枝市・焼津市・島田市・静岡市(葵区・駿河区・清水区)・牧之原市・吉田町・川根本町
西部地域:磐田市・掛川市・袋井市・御前崎市・菊川市・周智郡森町
東部地域:沼津市・富士市・富士宮市